毒親育ち、子どもを育てる

毒親の元育った私が子どもを育てた話。解毒に至る過程などもぼちぼち書きます。

他所の子の政治の話にモヤモヤした話。

昨日、小4の息子が学校から帰ってくるなり

「ねぇ~きいてぇ~ 帰る途中にさ、〇〇君と一緒になったんだけどさぁ~

〇〇君ったら、

『福岡の治安が悪いのは、安倍総理のせいだ。安倍総理が全部悪い!安倍総理になってから悪くなった!前の総理大臣の方がよかった!!』

って怒って言うんだよ~(笑)」

と。

(笑) 

ってのが、我が子らしくて良い。

どうも、息子は適当に受け流した模様。

 

安倍総理が良いか悪いかはどうでもいいし、私は「どちらかというと右」程度であり、

正直あまり興味がない。

なので、「安倍総理云々」ついては論点ではない。

 

そうでなくて…

小4男児がお外で堂々と「安倍総理が全部悪い!」と言い切っちゃうところがモヤモヤするのだ。

言い切っちゃうところ。が。

 

もし、その〇〇君が、新聞・テレビその他実体験など、色々な物に触れて自分なりに考えた中での発言ならば 立派なことだと思う。

しかし、前の総理大臣の時は〇〇君幼稚園児だったよね…

あと、「安倍総理が全部悪い」につながる前の部分が よくTwitterでみかけるやつ。

ここからは私の推測だが…

 

多分 ご両親がそういうことを家で言ってるんだろうなぁ

 

 

私の母親がそういうタイプだった。 

 

 

母は私が中2くらいまで〇〇学会にハマっていた。

「ご〇〇様は素晴らしい」と繰り返し

学会員であることに誇りを持っていた。

(ちなみに中2あたりで突然クリスチャンに改宗した)

 

そのため、私も無邪気に「ご〇〇様は素晴らしい」と信じていたし

母が学会員であることに誇りをもっていた。

それだけならいいが(いいのか?)

その他の仏教の宗派やキリスト教 その他もろもろ元気にディスっていた。

 

小6の時 社会の時間に宗教の話になったときに

(おそらく「世界にはいろんな宗教があります」的な授業)

堂々と「うちは〇〇学会です!」と元気に答えた記憶がある。

そして私と同じように「うちは〇〇〇(よく二人組でまわってくるあれ)です!」と元気に答えた子がいた。

そのことに対して、私を含め同級生数人で「Aちゃんちって〇〇〇なんだぁ~。あ、Bちゃんちもらしいよ」等と陰口を言っていた記憶がある。

何故そんなことをしたか?

当時私は〇〇学会が最善のものであり、その他の宗教は認めないという価値観を持っていたからだ。

 

母親の影響で。

 

その後色々あって、

世間的に〇〇〇も〇〇学会もどっちもどっちじゃねーか…ということを知ったり

したのと

Aちゃんの陰口いってたけど、たぶん私も言われていたに違いないとかおもったり。

もちろん、Aちゃんに対して申し訳ない気持ちにもなった。

あとは

親の価値観がそのまま子どものラベルとして扱われる(「〇〇学会の子」)の迷惑とか思ったり…。

 

 

年齢や職業、状況が変わるにつれて支持政党や宗教が変わるのは良い事だと思う。

価値観って変わるしね。

しかし、子ども相手に自分の価値観を押し付けるのはどうなのか。

子どもにとって親の存在はかなり大きい。

「親のいうことは合っている」と信じている。

そんな状態で

「〇〇は××だ!!」と子ども相手に言い切ることはよろしくないよな…。

さらに、自分が信じているもの以外をディスるのもよろしくない。

と思った話。