毒親育ち、子どもを育てる

毒親の元育った私が子どもを育てた話。解毒に至る過程などもぼちぼち書きます。

20年ちかく前の摂食障害の代償を払うときが来た話。

先日、歯石を取りに歯医者さんに行ったら…

3本ある親知らずのうちの一本が虫歯になっていた。

親知らずは虫歯になりやすいので…ってことで、一気に3本抜くはめになったのだが、

その他にも奥歯1本の根本が折れており、それも抜けないといけないと。。。

なんでも、上下の銀歯同士が長年ぶつかり続け、力に耐えられなかった

根本が折れたんだろうと。

 

 

 

私の奥歯は上下殆ど銀歯だ。

理由は中3から結婚するまで断続的に続いた嘔吐。

胃酸は歯を溶かしてしまうらしい。

今と違って、ネットで手軽に情報が採れる時代ではなかったので

嘔吐=痩せる

くらいの知識しかないし、大人になってからも

嘔吐=最悪死ぬ

程度の意識しかなかったため、歯のことなど気にしていなかった。

 

結婚してから嘔吐することがほぼなくなり(ホントに体調が悪いときだけ)

虫歯になることもなくなって、精神も口腔も平和な世界を満喫していたが

 

40前にして、歯を失くすことになってしまった。

入れ歯 か ブリッジ か インプラント かの選択を迫られている。

ブリッジについては良くしらなかったが

入れ歯とかインプラントって…

完全に老人やん…

 

現状、摂食障害で悩んでいる方が20年後の歯の有無なんて気にしている場合じゃないとは思うけど、

 

摂食障害は治る。

普通に生活できるようになる。

子どもも産める。

しかし、一度壊れた身体を長く使うことは大変。

(だから、早く治療しようね)

ということを頭の片隅に置いて欲しいと思う。