毒親育ち、子どもを育てる

毒親の元育った私が子どもを育てた話。解毒に至る過程などもぼちぼち書きます。

教育意識高めの親が張り切って山村留学選んでみたら見事に失敗した話。前編

お久しぶりです。

色んな事があり過ぎてキャパオーバーしておりました。

 

さて、本題。

何度かブログでも書いた通り、私は教育意識がやや高め(自分で言っていいのかw)

であり、息子は去年の4月から山村留学をしていた。

 

で、山村留学中に「?」ということが頻発し、息子自身も「辛い」ということで

12月で残念ながら留学中断となった。

 

そもそもなぜ留学させよう・しようと思ったのか?

そもそものきっかけは 友人が数年前からご子息を山村留学させており、とても良かった!という話を聞いていたのと、息子がテレビで山村留学の特集を見て興味を示したことだったが…

親側)

①生活能力をUPさせたかった。

息子は勉強はそこそこ出来るが💦 生活能力が低い部分があり、もちろん意識して色々させようとするもお互い甘えが出てどうもうまく行かなかった。(洋服をキレイにたたむとか、ひもを結ぶ、こぼさず食べるとかそういったこと)

他人と暮らすことで、生活能力が上がるのでは?という期待があった。

②自然体験をさせたかった。

今住んでいるのは比較的都市部であるため(地方都市だけど) 自然と思いっきり触れ合うということがなかった。また、本人も虫や動物などに興味関心を示すタイプではないので、大自然の中で少しでも興味を持って欲しいと思った。

③自立心を持って欲しかった。

どちらかというと甘えん坊であり、小3になっても添い寝をしないと眠れない子だった。親元を離れることで自立心を持って欲しかった。

④一生の友達が出来るのでは?という期待があった。

少人数の学校で少人数の寮生活。お互いに「親元を離れる」という苦難のなか、友情が生まれるのでは?と期待した。

 

息子側)

①心を鍛えたい。

自分でも心が弱いという自覚があるらしく、そこを改善したかったらしい。

小学校ではそうでもなかったが、幼稚園時代は同級生に頻繁に泣かされていた。

そういう自分を変えたかったようだ。

②自然の中で遊びたい。

我が家にマイカーがないため、大自然に触れる機会は今まで旅行のアクティビティやたまに知人家族と大きな公園に行くくらいしかなかった。

川遊びや海水浴、広い野原などなど 自然ならなんでもそろっている状態の留学先に惹かれたようだ。

③少人数の学校に通ってみたい。

地元の小学校は1000人以上、しかも年々生徒数が増えているような学校で、何をするにも並ばないといけないような状況だった。授業中発表の機会も少なく、授業の進度も遅い。少人数の学校であれば、生徒数<備品数だったりもして、そういった意味でストレスフリーだし、なにより静か! 

 

そんなわけで、保護者である私も息子も不安はありながらも、期待盛り盛りで山村留学することになった。