毒親育ち、子どもを育てる

毒親の元育った私が子どもを育てた話。解毒に至る過程などもぼちぼち書きます。

ボドゲ大会に出て、花咲山に登頂していた話

本来ならば 青春云々の続きを書くべきところ、放置してすみません。

長い系は一気に書かないとダメね。

 

 

で、タイトル話。

 

昨日 夫と一緒にボードゲームの大会に出場した。

最近、夫婦でドハマりしてるドイツ生まれのボードゲーム

ハマった要素は色々あるが…一番は相場(株式投資)に似ている点。

細かいところは省くが、

初期配置の選びかたとか、ゲーム運びとかそういう部分で

かなり共通点があるんじゃないかと個人的に思っている。

 

 

warumix.hatenablog.com

 

でね、↑で力説しているわけだよ。

自分で。

人の意見なんて聞かずに自由にやるんだ!!今度こそ!!私!!って

宣言しちゃってるわけだよ。

なのにだ。

 

昨日の自分。

他のプレーヤーの感情に左右されまくり。。。

 

昨日は公式大会だったので 真剣に参加されてるプレーヤーさんにとっては

普段の一勝とは重みが違うのかもしれない。

一方こちらは

無邪気に楽しむ勢である。

 

ゲーム終盤で私がなにか点につながる行動をするたびに

なんやかんや発言されたり、感情を表現されたりすることで

完全に私の心は折れてしまった。

 

「ア・・・・私、別にそんなに勝ちたいわけじゃないんでどうぞ」

 

愛想笑いで相手に譲ってしまう自分いた。

 

大会中、そして終わってからも

「私は無邪気にゲームを楽しみたいだけなんだよなぁ」と

夫に愚痴っていたが

一晩中考えて そうではないと考え直した。

 

私は無邪気にゲームを楽しみたいわけじゃない。

 

本当は勝ちたかった。

どんな手を使っても勝ちたかったはず。

しかし、

それ以上にアレが出て来るんだ。。。

 

「花咲山」

花咲山って絵本。ご存知ですか?

花さき山 (児童英語・図書出版社 創業者のこだわりブログ)


ざっくり説明すると自己犠牲の話だと私は思う。

(国語力ゼロなので、気になる方は書店でどうぞ。)

 

この絵本と私が出会ったのは小1のとき。

両親が離婚し、色々あったのちに実母と二人暮らしをしていたときだ。

実母は常にイライラしており、食べる物や着るものに困っていたわけではないが

精神的にかなり余裕がなさそうだった。

 

そんな中、この絵本と出会った私は 

「自分さえ我慢してたら それでいいんだ」と解釈してしまった。

それ以後、

実母がヒステリーで荒れる度に

下を向き、涙を流しながら時間が過ぎるのを待った。

実母が私の行動に期待するたびに

不本意でもそれに従った。

 

大人になったから、実母以外の人間から

目の前で大きな感情を見せつけられたことはほぼない。

仕事中 クレーマーやヒステリーに当たってしまう程度であり、

その批判や怒りの対象だって、「仕事」であり

「私の心からの行動」ではない。

 

要するに

私は昨日 久しぶりに

というか、実母以外の人間から

大きな感情を見せつけられたのだ!

(プレーヤーをディスってるわけじゃないよ。念のため)

 

その大きなエネルギーによって

私は再び花咲山に登ってしまったわけで。

 

昨日は凹んでいたが、

冷静に考えると 実際にお金が減ったり、人生変わっちゃったり、

時には死んでしまっちゃう(物理的な意味で) 相場の方がシビアなはずだ。

ただし、プレイヤー同士が直接会うこともなく、せいぜいPC画面越しでの

繋がりのため、それが見えないだけ。

人生かけての札束の殴り合いの方が恐ろしいのは、当然。

 

15年間 札束の殴り合いに参加していた私が(そっちも弱いけど)

リアルで簡単に負けてしまう。

 

でもね、その原因が分かったから

多分、私、強くなると思うよ。