毒親育ち、子どもを育てる

毒親の元育った私が子どもを育てた話。解毒に至る過程などもぼちぼち書きます。

純粋に家族が好きだとか仲が良いということに嫉妬してみたりする。

友人の一人に お姉さんが有名人だというかたが居る。

知り合ってから数年知らなかったが

なにかの居りに「今まで黙っててごめんね」と告白された。

 

お姉さんは確かに大物でその世代の人はみんな大好きな方だ。

私も好き。

学生の頃、その方が出演される番組を楽しみにしていた。

 

そんで、今でも好きだし、多分 嫌いと言う人の方が珍しいんじゃないかな。

ただ、個人的には昔と比べて圧倒的にテレビを見る時間が少なくなったし、

そもそも若くないからかなんなのか、正直あまり興味がない。

 

で、告白の時は

確かに「えええええー!凄い!私あのドラマ好きだったー!!」

みたいなテンションだったが

時間が経つと正直あまり興味がない。

 

興味はないが関心はある。

どちらかというと「嫉妬」と言う意味での関心だ。

 

親戚が大物芸能人なのがうらやましいのではなく、

嬉しそうに「お姉ちゃん」について語れる心が羨ましいのだ。

お姉さんがテレビや映画に出演されるときは

大抵グループLINEでお知らせが来る。

そして、その番組中はグループLINEが友人たちによる

よいしょのライブ会場と化する。

 

あ、なんかすごく意地の悪い言い方。

 

嫉妬か。

 

私以外のグループLINEに居る人々はみんなその番組をみて

なにかしらコメントしているが

私としては興味がないので、わざわざそのためにテレビをつけない。

しかし、

LINEの通知が凄い事になり、自分だけコメントしないのも感じ悪いかな?

みたいなみみっちい事を感じたりしつつ 適当に賛同のスタンプ押してみたり。

 

嫉妬ですわ。

 

なにが羨ましいかって、

純粋に「家族が好きだ!」という思い。

「お姉ちゃんを応援したい!」という思い。

そして、

「世の中のほぼ全員が自分のお姉ちゃんが好きだ」と信じている点だ。

 

多分、友人のお姉さんがそこまで有名じゃなくても、もしくは一般人だったとしても

「お姉ちゃんが〇〇したんだよ~♡」みたいなテンションで

話てくれるんだと思う。

実際、その友人がご自身の子どもや旦那さんの話をするときもそんな感じだ。

 

私は元々一人っ子だし。

血のつながらない 兄弟たちが今どこでなにしているか分からない。

唯一の肉親である母はアレだし。

血のつながりのある親戚ともほぼ連絡をとらない。

「家族だ~いすき♡」

って感情を持ったことがない。

 

もちろん現在の家族は大好きだ。

夫は優しいし、子どもも超かわいい。

私がくつろげるのは家だし、何の不満もない。

ただ、やはりどこかで「他人」という線引きがある気がする。

生まれながらに「家族大好き」の中で育った

家族大好きネイティブと

大人になってからまともな「家族」を習得した者とはそもそも脳のつくりが違うのだろう。

 

 

 

さて、我が子は家族大好きネイティブとして育っているだろうか?