毒親育ち、子どもを育てる

毒親の元育った私が子どもを育てた話。解毒に至る過程などもぼちぼち書きます。

キレイなメンヘラとブスのメンヘラ

アレなタイトルだけども

 

中学高校と中高一貫の女子校に通っていたが

まーいわゆるメンヘラが多かった気がする。

中学からの生徒が200人弱いたが 6年間の中で病んだ娘が

思い出す&私が知るだけで10人程度いるのでまー一割くらいは病んでたんじゃなかろうか。

そんな女子校時代だが、40近くなって周りを見回すと

リストカットしたり、摂食障害になったりと…危うい時代を経験しながらも みんなそれなりに生きており、結婚してたり、子どもを産んでいたりで

なんだかんだ言って生きててもよかったねー

という感想しかなかった。

もちろん、自分を含めて(笑) 
※私は中高時代 摂食障害だった。



そんな中、中学時代の友人から

 

学生時代に病んでた中の一人が最近 自殺したという話を聞いた。

 

私は彼女と親しくはなかったが 

私の友人とはそこそこ仲が良かったので、なんとなく知ってる程度。

当時、私も私の友人もメンヘラ真っただ中にいたが、

その亡くなった彼女もやっぱりメンヘラ真っただ中だった。

3人に共通してたのは

ずばり 機能不全家族だった

ということだろう。

そして違う点は。。。

私の友人は 巨乳の美人だった。

私は 人を不快に思わせない程度の顔で

彼女は ややユニークな顔立ちをしていた。

 

キレイなメンヘラは よくモテた。

大抵はダメな男で、どーしようもない感じだったが

「男性から求められている」という点で羨ましかった。

 

私はモテはしないが、母親と共依存真っただ中であり、

形としては歪であるが一応

「母から求められている」という状況。

 

そして彼女は

男性からも求められず、親とも上手く行っていない感じだった。

 

キレイなメンヘラは どーしようもないのと付き合い続け、

夜の世界に飛び込んだり、まぁそんな感じで 

なんというか、「美人だからといって人生らくちんなわけじゃないんだな」

とかそんな感じだったし、

 

私は私で母親に精神的に縛られ、それこそ死にかけたりもしたので

やはり 自分としては大変だった。

 

彼女はどうだったのだろう??

自ら死を選ぶことは 悲しいことだが

自分の道を自分の意思で決めた と言う点ではもしかしたら

変なのに人生を縛られていた私やキレイなメンヘラよりも自由だったのかもしれない。

 

そんなことを考えていた。

 

ご冥福をお祈り申し上げます。