毒親育ち、子どもを育てる

毒親の元育った私が子どもを育てた話。解毒に至る過程などもぼちぼち書きます。

3歳児に足し算を教える方法 の需要ってどのくらいあるのだろうか?

以前 書いたような?書いてないような?

私は息子が生まれた当初

早期教育」に猛烈にはまっていた。

天才児に育てるマニュアルを購入し、その指針にそって育て、

そのマニュアル繋がりで出来たママ友と日々 どうやって子ども(というか、あかちゃん)に勉強を教えるか?考えていた。

 

その後 紆余曲折あって マニュアル頼りの早期教育は辞め、

息子にあった早期教育とは?と考えるようになり

自分なりの指針が出来、それ以来 マイペースに早期教育⇒幼児教育⇒家庭学習へと

順調にステップを踏んでいる。

 

で、(今のところ)そこそこ勉強が出来る子に育ったし、少なくとも私よりも頭は良いと思う。

 

そんなわけで、3歳児に足し算を教える方法とか読み書きを教える方法とか

教えることによるメリットとかデメリットとか多少は知っているわけである。

 

で、それを教えて欲しい という人も「たまに」いる。

あくまで自分の身の回りベースなので

「たまに」だ。

「たまに」なので、その都度 口頭でさら~と伝えるが

それじゃ 断片的にしか伝わらない。

 

では、ガチにその辺の情報を教えるとしたら

やはり パワーポイントで資料つくって、実際に手を動かして…となり

こちらもわりと重労働になるし、相手にも労力と対価を覚悟してもらわなければならない。

 

本題。

 

そこまで(労力と対価を支払ってまで)して 

 

3歳児に足し算を教えたい。

 

と言う人はどのくらいいるのだろうか?

 

少なくとも 息子が3歳だった時の私は 多少の対価を支払っても知りたかった(笑) 

どうなんでしょうね?