毒親育ち、子どもを育てる

毒親の元育った私が子どもを育てた話。解毒に至る過程などもぼちぼち書きます。

「もう死にます」と言って母がいなくなった時の話。その③

表面上の日常を取り戻しながらも

やはりなんやかんやとあった。

自殺騒動から1週間もしないうちに今度は母が自転車で事故った。

頭を打ったらしいが、大したことないと。

「死ぬ」と言って出て行ったり、事故ったりと忙しい。

そんな母を心配したのか、持て余したのか今度は継父が

「母を病院に入れよう」と言い出した。

自転車の事故の前からなんか言動がおかしかったそうだ。

私もこれ以上振り回されるのは嫌だし、その案に賛成した。

 

そういうわけで、継父から母へ「病院へ」という話をしたらしい。

すると、それまでおかしかった言動が いきなり正常に戻ったと。

詐病

そう。

母は 昔からそうだった。

自分の思い通りにならないとき、決まって寝込んだ。

私が母に対して一気に醒めたときもそうだった。

道端でいきなり「いたたたたたたたた」としゃがみ込んだ。

 

正常に戻った母は 正常にもどってもなお私になんやかんや言ってきた。

大抵は夫がブロックしてくれたが 100%ではない。

戸建てに住んでいるので奇襲されるとどうしようもない。

そんな中で 母がある提案をしてきた。

 

「もう迷惑かけないから、一週間に一度でいいから電話で話して。

冷たくしないで。前見たいに普通に付き合って。

仲良くしたいの。」

 

時間がたってから振り返ってみると なぜこんな提案に少しでも乗ろうとしたのか

分からないが…当時は本当に母の言動に振り回されていたので

思わず「うん」と答えてしまった。

 

そして、そのことを夫に報告すると

温厚な夫があからさまに嫌な顔をした。

私は 夫の「嫌な顔」を見るまで この提案を受け入れることについて

特に考えていなかった。

もちろん、一週間に一度も電話するのは嫌だなぁと思ったが

もう「死ぬ」とかそういった奇行に振り回されるのは懲り懲りだったからだ。

 

しかし、夫の顔を見て 気が付いた。

 

どうしようもない男から 浮気されても、殴られても、お金とられても

ちょっと優しい言葉を掛けられるとすぐに寄りをもどしちゃうバカな女。

そう、DV被害者。

 

私は今まさにそのバカな女と同じだ。

どんなに酷い事をされても、ちょっと優しくされる・まともな振りをされると

「だってお母さんだもん」とぎゅーっと、全力で目をつむって、不都合な現実を見ないようにしてきた。

過去30年近く。。。だ。

 

せっかく夫が守ってくれている。

にも関わらず 私はまたDV加害者とよりを戻そうとしている。

 

バカだ。

 

ちなみに このDV云々は もともと友人から指摘されたことだ。

私は母からされた仕打ちについて 友人に愚痴っていたときに

友人はそのことについて

「精神的DVだね」

と言った。

 

言われた当時は「大げさな表現」だと思ったが

今考えると大げさでもなんでもなく、

「ううん、こんなにあざになっちゃってるけど…もうそんなに痛くないのよ。

それに、普段は彼、とっても優しいし、こないだもケーキ買ってきてくれたの」

とかなんとか全身あざだらけなくせに、幸せそうに伏し目がちで言うバカなDV被害者そのものだった。

 

このDV被害者は 周りがどんなに助けの手を差し伸べても

シェルターを用意しても、フラフラとDV加害者のもとへと戻ってしまう。

そして 一生 加害者と被害者で共依存し ともに倒れるのだろう。

 

 

私もそうなるところだった。

 

結局、一週間に一度電話などすくこともなく、

それに対して継父からクレームじみた電話が来たりもしたが

徹底的に無視した。

 

相変わらず私の味覚は戻らず、

そして、母の誕生日を迎えるころ(何もする気はないが、謎のプレッシャーがかかっていた)

私は急性膀胱炎にかかり、トイレから出られなくなってしまった。

 

 

病院では 状況から「まぁストレスでしょう」と言われ

安静を言い渡されたが…。

 

なんだか この時 全てがバカバカしくなってしまった。

 

精神的な辛さをとうとう尿意へと変換したか!!

ヤバい!おしっこ洩れそうだ!!

あほくさっ!

もうどうにでもなればいい!

あははははははは

 

そんな感じ。

味覚が戻らないとか、情緒不安定とかで そろそろ心療内科にお世話にならなければ…

と考えていたが、

もうなんかそういったことも全部どうでもよくなった。

しょうもないことのために悩んで 時間を使ってお金まで使ってバカみたい。

どうせなら 自分がやってみたいことしよう!

 

意味もなくマツエクをつけたり、金髪に近い髪色にしたり

派手なネイルをしたりと しばらくの間やりたい放題やった。

 

 

 

たぶん次でおわります。