毒親育ち、子どもを育てる

毒親の元育った私が子どもを育てた話。解毒に至る過程などもぼちぼち書きます。

頑張ってないとダメな人。

10年くらい前?もっと前かも

吉川幸枝さんというキラキラギラギラしたどこかの社長が

テレビ(バラエティー番組)に出ていて 

首や指や手首につけた宝石をキラキラギラギラさせながら

「がんばってる よしかわゆきえさんがすき~♬」と鼻歌を歌ってるシーンが

あった。

 

私はまだ20代前半で 自分は何者かになれる と思っていたので

その言葉に深く共感した記憶がある。

 

さて、もう40も間近にせまり、未だに何にもなれない私であるが

20代の頃から、いや小学生の頃からか?

頑張ってる自分が好きである。

逆に言うと 頑張ってない自分はダメなのだ。

 

何かに打ち込み、頑張っているときは良い。

そして、結果が出ればなお良い。

しかし、人生そんなことはない。

頑張れない自分にイライラし、

また、頑張っても結果が出せない自分にイライラし、

ダメな私に期待し、

「頑張って!」って言ってくれる人々に見捨てられやしないか

ビクビクしている。

 

私は今までいろんなことに頑張ってきたが

結果を出せていない。

頑張りが足りない。

もっと頑張る。

でも、結果が出ない。

やり方が間違っている。

やり方を変えて頑張る。

でも、結果が出ない。

真面目にやっていないからだ。

真面目にやってみる。

でも、ダメ。

一つの事に集中して。

やっぱりダメ。

 

そもそも私はなぜこんなに頑張っているのか?

頑張るって本来楽しいことではないのか?

なぜ一人苦行をして生きているのか。

 

 

私は生きるのが下手なのかなぁ