毒親育ち、子どもを育てる

毒親の元育った私が子どもを育てた話。解毒に至る過程などもぼちぼち書きます。

息子を手放したことにまつわる葛藤の日々

手放した

というと語弊があるが

自分の中ではそんな感覚。

 

実際は「1年間限定で山村留学に出した」だけだ。

今 住んでいるところは地方ではあるが そこそこ都市部である。

海も山も近いが

車がない我が家にとっては中々行く機会もなく

海に関しては 割と近いが 

息子が幼稚園生の頃 お友達と近くの海に遊びにいったら

砂浜に注射針が落ちていたことがあり、それ以来行かなくなってしまった。

元々 夫婦ともにインドア派であり、またその息子もインドアなわけで

そんな息子に 「思いっきり自然の中で遊んで来ーい」っていうのが

表向きの理由だったりする。

 

裏向きは…

ありがたいことに、息子は自己肯定感の高い子に育ってはいる。

しかし、私は未だに自分の子育てが正しいのか分からない。

子育て関係のセミナーを受講し、そしてその講師の資格まで取り、

他人様に偉そうに教えているが

本当に私の子育てが正しいのかなんて 終わってみないと分からない。

(まぁ 正解なんてないのだけど)

そんなわけで、自分以外の人間に育ててもらうのも良いかと思ったのだ。

あくまで1年間の期間限定であるし、留学制度は行政が管理しているものだし、地域住民や学校の先生なども協力しているし、そもそも寮生活なのでそんなにおかしなこともないだろう。

実際に現地で見学し、息子も気にいり 自ら留学を希望したことで

今年の4月から息子は一人で見知らぬ土地で見知らぬ人々と寮生活を送っている。

 

最初は良かった。

村民に大歓迎され、村の小学校でも大歓迎され、寮母さんや周辺の人々も

息子たち寮生を可愛がってくれた。

 

しかし、ある程度時間が経ってくると色々出て来る。

大問題ではないが…

例えば 就寝時間などの基本的な生活スケジュールが守られていない点。

みなさんが可愛がってくれる結果、息子を含めて寮生が少々わがままになっている点。

食事の量や質の問題。

事務的な連絡が殆ど来ない点。

そして、特に安全対策が皆無な点。

「寮生活」というよりも、

「子どもを夏休みに田舎の(孫に甘い)祖父母の家に預けた」という感覚に近いと思う。

 

そんな風に小さな問題が日々積み重なっている。

息子を手放し、相手方に委ねた以上、あまり細かいことで口出しするのは良くない。

そう思いつつも 小さなイライラが貯まる。

それは私だけでなく、他の保護者も同じだったようで

寮に対して言えないイライラがこちらに向けられたりもした。

「〇〇について、どう思いますー??ありえなくないですか??」

というLINEや電話が5月から6月にかけて週1くらいで私のところに届く。

 

私は 終わりのない愚痴が嫌いだ。

解決策を求めない愚痴など チラシの裏にでも書いてろバカと本気で思うタイプなので

そんな愚痴をスルー出来ず、また、自分のつもりつもった小さなイライラを処理しきれなくなった結果

留学制度を仕切っている行政へ「お願い」と題し、改善して欲しい点を箇条書きにした文書を送った。

 

しかし、行政からの返事は「ほぼない」

「送りました」と電話しても。「はい」しか返ってこない。

どのくらいこちらの不満点が伝わっているのかさっぱり分からない。

 

結局、今月末に保護者数名と行政側と寮母さんの3者で話し合いをすることになったが…

 

改善の兆しが見えないのであれば、息子を1学期で家に戻そうと思っている。

相手方が真剣に対策をとってくれるのであれば1年間そのまま預けていたいが

今のところの反応を見る限り望みは薄い。

 

しかし、問題は息子自身が村での生活を気に入ってることだ。

4月に出して以来、息子と深く本音で話す機会がないので分からないが

週1回の電話でのやり取りを考えると 本人は楽しそうだ。

 

親の都合で家に帰していいものか。

それとも、子どもを守るためには仕方ないのか。

 

そんな葛藤の日々だ。