毒親育ち、子どもを育てる

毒親の元育った私が子どもを育てた話。解毒に至る過程などもぼちぼち書きます。

3歳児に足し算を教える方法 の需要ってどのくらいあるのだろうか?

以前 書いたような?書いてないような? 私は息子が生まれた当初 「早期教育」に猛烈にはまっていた。 天才児に育てるマニュアルを購入し、その指針にそって育て、 そのマニュアル繋がりで出来たママ友と日々 どうやって子ども(というか、あかちゃん)に勉…

女としての価値が高いのはいつだって母の方だというアピールを受けて育ったら自分の顔が分からない人間に育ったという話。

なんていうか…まぁ どちらかというと飽きれる系。 もしかしたら記憶の後付けかもしれないが 一番初めに違和感をもったのは たぶん5~6歳のとき。 母子家庭になってすぐ位の頃だった。 「洗濯物を家の中に干すのは貧乏くさくて嫌!!」という母は 洗濯物は…

タバコという結界

昨日 近所の焼き鳥やさんでテイクアウトした。 私はお通しが苦手だし、お酒もあまり飲まないし、周りを気にせず家ゆっくり焼き鳥食べたかったから。 30分くらい前に電話で注文し、おさいふだけもってフラフラと焼き鳥を受け取りにいった。 お店にはいってす…

もう頑張りたくないのに周囲から頑張ることを期待されているけど、とりあえず逃げてる話。

早くも夏休み後半 既にバテバテである。 そんなバテバテな状態ではあるが 例年よりはやや快適。 株の勉強を辞めたのだ。 2015年頃から株の世界にどっぷりつかり、家庭よりも最優先で株の勉強をしてきた。 去年の春先にすこし結果が出るようにはなったが… 夏…

「息子が恋人」に強烈にモヤモヤするわけを考えてみた。

リアルママ友でもFB等のSNSでも わりと頻繁に見かける 「息子が恋人」発言。 私はこれが気持ち悪くて仕方がない。 大事な息子ちゃん♡に彼女が出来たらどうするのか? 他人事ではあるが、気になってしかたない。 …きっと 彼氏をとられた女みたいになるの…

胸糞悪い原体験のために 未だに幼児教育にこだわってしまう話。

息子を正しく育てなければ!!と息巻いていたので 私はいわゆる教育ママだった。 しかし、我が反面教師が強烈だったおかげで 変な風には暴走せずにすんだのかなとも思う。 warumix.hatenablog.com そんな教育ママライフを数年休んでいたが 夏休みに復活した…

小6の頃の夏休みの黒い思い出(中学受験生日記)

夏になると思い出すのが 小学生時代の夏休み。 低学年の頃は 朝起きてワイドショーみて再放送のじゃりン子チエとかみて、あかんたれとかなんかそういうドラマ見て なんかダラダラして友達と遊んで みたいな ダらっとした生活をしていたが、小3から通塾が始…

スマイルゼミを与えてみたが、やはり親の介入は必要な模様

子育てブログっぽく、家庭学習の話。 4月に息子を山村留学に送り出す際、 自主勉強用にスマイルゼミを渡した。 紙の問題集にしなかったのは 〇付けや指導を寮母さんにお願い出来ないからであり、 寮の運営母体にもきちんと了解をとって渡した。 春休みの後半…

夏休みに突入(2018.7)し、改めて息子の自己肯定感を思い知る

先日、山村留学から息子が帰宅。 帰って来たそうそう 「こんな素敵な経験をさせてくれてありがとう」 と。 思い切り、息子自慢ではあるが… 誰に対しても「傷つける」「攻撃する」というコマンドがない人間というのは こういうことを言うのか…。 と勉強になる…

友達と「宗教」を作り、宗教かぶれの母から弾圧された話。

小学生の頃 Kちゃんという友達がいた。 ちょっと変わった子ではあったが、何故か気が合いとても仲が良かった。 大人になってからもちょいちょい親交はあったが、私の方がなんかダメで 数年前にFOした。 子どもの頃に仲が良かった事実は変わらないし、子ど…

「もう死にます」と言って母がいなくなった時の話。その④

③の後の話が続くはずでしたが… その後のことを私は覚えていなかった。 おそらく、騒動はあれで終わったのだろう。 ③を書き終わって、何度か読み返して気付いたが そもそも膀胱炎になったというよりか 最初に血尿がでたのだ。 それで、尿意を堪えながら慌てて…

「もう死にます」と言って母がいなくなった時の話。その③

表面上の日常を取り戻しながらも やはりなんやかんやとあった。 自殺騒動から1週間もしないうちに今度は母が自転車で事故った。 頭を打ったらしいが、大したことないと。 「死ぬ」と言って出て行ったり、事故ったりと忙しい。 そんな母を心配したのか、持て…

「もう死にます」と言って母がいなくなったときの話。その②

すみません 間違ってその①を2回投稿してしまったようです。 後の方を消しましたが スターをくださったみなさま どうもありがとうございました。 さて、昨日の続き。 絶望しつつも 継父の病院に 仕事を切り上げ夫が駆けつけてくれた。 夫はあきれていたと思う…

「もう死にます」と言って母がいなくなった時の話。その①

もう何年前だろうか。 3年くらいかな? 母に対して完全に冷めた↓ warumix.hatenablog.com 丁度1年後の2015年の正月明け、継父がちょっとした事故で頭を強く打ち 救急車で病院に運ばれた。 たまたま運ばれた病院が私の住む家から徒歩10分のところだったので …

自分のやりたいことが分からない結果、他人の夢に乗っかってた時の話。

私はもしかしたら 基本的に自分に絶望していたのかもしれない。 と、 最近思う。 持ち歩きたい欲(家の中でしか使わないのにノートPCを好んだり、薄いTVに惹かれたり、iPodをいち早く買ったり、oculus go買ったりのその辺の行動)が 人より強いし 「…

幼いころに可愛がってもらった母方の祖母が死んだときの話。

つい4か月くらい前に母方の祖母が死んだ。 幼いころ 可愛がってもらった。 しかし、私は祖母の死に対して非常にドライで 周りからは まさに非情に映っただろう。 死の数か月前から「危篤」とか「そろそろ危ない」とかいう 連絡は来ていたが お見舞いに行く気…

そもそも母親を信頼してなかったよなって思う。

久しぶり?に毒親ねた。 ネタの中でも わりと重い方に入るので中々書けなかったこともあるかも。 5歳の夏~秋頃 両親が離婚した 最初の1~2か月は 実父が月に1度くらい会いにきていたが ある夜 突然 実母と母方の祖母に連れられて 実父の実家に行った。 そ…

安井金毘羅宮にお参りしてきたら早速翻弄されている話(2018.7)

先週、安井金毘羅さんにお礼参りしてきた。 昨年3月、友人達5名とお参りし、 その後 散々いろんなことが起き 結果私はその友人達と離れ、今は全く違う分野にいる。 warumix.hatenablog.com 具体的に言えば、 投資家仲間でお参りに行ったのだが 8月に大損、そ…

自分の人生の代わりにお金を差し出す。

去年大損しながらも 未だに投資から手を引けない。 なぜ投資にこだわるのか? 一つは 投資は自由だからだ。 いつはじめて いつ終わるか 自分で決めることが出来る。 どの銘柄を買うか 売るか自分で決めることが出来る。 人生において… 自分のことは自分で決…

安井金毘羅宮の思い出…とお知らせ。

独身時代に 友人と京都旅行に行ったついでに 何気なく 安井金毘羅宮に立ち寄った。 安井金毘羅さんは「縁切り」で有名らしい。 程度の知識で ホントに何気なくよっただけだ。 しかし、その京都旅行から帰ってきてからの1か月で 次々に 振られたり なんとなく…

子どもに習い事を沢山させることについて思うモヤモヤ

たまには子育て主婦っぽい話。 小4の子どもがいる。 なので、普段しゃべったり遊んだりする相手は大抵子持ちの女性だ。 たまに男性とも飲みに行くこともあるが やはり相手は大抵子持ち。 そんなわけで、誰と会っても話題は「子ども」である。 そんで、その…

頑張ってないとダメな人。

10年くらい前?もっと前かも 吉川幸枝さんというキラキラギラギラしたどこかの社長が テレビ(バラエティー番組)に出ていて 首や指や手首につけた宝石をキラキラギラギラさせながら 「がんばってる よしかわゆきえさんがすき~♬」と鼻歌を歌ってるシーンが …

息子を手放したことにまつわる葛藤の日々

手放した というと語弊があるが 自分の中ではそんな感覚。 実際は「1年間限定で山村留学に出した」だけだ。 今 住んでいるところは地方ではあるが そこそこ都市部である。 海も山も近いが 車がない我が家にとっては中々行く機会もなく 海に関しては 割と近い…

やたらとメディアに出たがる理由

割と近しい人のところに 「CLASSY.に出ませんか?」という話がチラホラ来ているそうだ。 なんだそれ、うらやましい。 彼女たちはどうやらお断りしたそうだが、私なら喜んで出ただろう。 私は現在 普通の主婦なので 特にテレビや雑誌に呼ばれることは…

何故苦労してまでお金を減らすのか問題。

唐突だが 去年170万円ほど投資でお金を失った。 そして懲りずに今もなお損し続けている。(結婚前の自分の貯金なので、家計には影響ない) もう辞めればいいのに。 と、自分でも思う。 なぜ、私は投資にこだわるのか? 私がやっているのは株式投資だ。 日本…

「あなたには帰る家がある」にハマって気づく自分の前提のおかしさ。

「あなたには帰る家がある」という連ドラにハマっている。 www.tbs.co.jp 浮気された中谷美紀と 浮気した木村多江の対比がたまらない。 された方が 良くも悪くも自然体の中谷美紀。 した方は 計算する女な木村多江。 私は愛されるために努力しないといけない…

無駄に我慢強い

ふと、思い立ってこの年齢になって局部の脱毛(医療レーザー)を始めたのだが あれはまぁ痛い。 「輪ゴムでパチンって弾く程度の痛さですよ~」と病院のお姉さんは 言うが、針で刺されるほどの痛みである。 で、痛いんだけど我慢する。 私が望んでレーザーを…

VRに夢中だという話をきっかけにパニックになった挙句悲しくなった件。

先日から続くVRネタ。 使い方にもようやく慣れてきたので、最近は外に持ち出して 近所のママ友にやたらとVRを被せて回っている。 元々 やや変人枠にいるので、私の異常行動に付き合ってくれるママ友がたくさんいて 幸せだ。 さて、そんな中 私がVRに夢…

楽しく仕事し、お金を自由に使いたい病をこじらせている話。

もしかしたら感じの悪い言い方かもしれないが… 現状、生活に困っていない。 年に一度家族で海外旅行に行く程度の余裕もある。(ただし、アジア圏) 夫はサラリーマンだし 余程のことでもしでかさない限り失職することもないだろう。 しかし、私は常にお金が…

ママの彼氏問題について考えると私は単に幸運だっただけかもしれないと思った話。

またしても悲しい話だ。 定期的にニュースになる 虐待児のニュース。 私自身、身体的に虐待されたわけではないし、 身近に虐待されてそうな子どもがいるわけではないが やはりどんなニュースよりも悲しいし、腹が立つ。 まれに実の両親が…ってケースもあるが…